TOPICS
2023年3月8日

「OITA G8’s PROPOSAL 大分の10年後の未来に向けて」を国際女性デーに発表!

2023年2月19日に最終発表会で提案した内容を、本日、3月8日の国際女性デーに合わせて「OITA G8’s PROPOSAL 大分の10年後の未来に向けて」として発表します。

OITA G8’s PROPOSAL 大分の10年後の未来に向けて

本提言が目指す12の「大分の未来」の実現に向けて、G8メンバーはこれからも課題の解決に取組んでいきます。そして、大分県や関係機関は、そんな彼女たちを今後も全力でサポートしていきます。

10年後の2032年、大分から未来を変える女性リーダーとして、G8メンバーが第一線で活躍してくれることを期待しています。

G8メンバーが発表した内容の一部を紹介します。

・別府翔青高等学校(2年)「家庭内のアンコンシャスバイアスを無くす」

アンコンシャスバイアスとは、英語のunconscious=無意識的な と、bias=先入観・偏見 からなる言葉で、「無意識の偏見」という意味です。今回江藤さんは、最も身近な、家庭の中でのアンコンシャスバイアスに着目しました。“夫婦共働き”が当たり前になりつつあるいま、皆さん全員に取組んでもらいたい提案として、家事一覧表の作成と家事のイベント化を提案しました。

「家庭内のアンコンシャスバイアスを無くす」発表スライドより抜粋
「家庭内のアンコンシャスバイアスを無くす」発表の様子

・大分工業高等専門学校(3年)「学校に生理休暇の導入、普及を ~大分から全国へ~」

現在ほとんどの学校では、生理による体調不良は公欠理由になりません。ですが、同世代の学生へアンケートを行ったところ、生理に悩み、苦しんでいる人はたくさんいるということが分かりました。大分県の学校での生理休暇の導入と、生理をより理解するための体験型授業の導入を提案しました。

「学校に生理休暇の導入、普及を ~大分から全国へ~」発表スライドより抜粋
「学校に生理休暇の導入、普及を〜大分から全国へ〜」発表の様子

・大分舞鶴高等学校(1年)「大分の街を元気にする」(最も共感されたテーマ)

きっかけは、大学のオープンキャンパスで訪れた、ある街の活気のある姿。大分だって負けていないはず!大分の魅力を多くの人に知ってほしい、という思いから、「大分県の魅力を再発見!Z世代プロジェクト」として高校生が主体の2つの取組みを考えました。1つ目は、大分県に住む人や県外に出た大分県出身者に向けて、大分県内の高校生がとりまとめた大分の魅力を伝える冊子を、同窓会を通じて配布する取組み、もう1つは、大分に興味を持っていてもがなかなか訪れるきっかけがない人に向けて、「大分にきてみらんかえ!〜大分ホームステイ〜」として、高校生がガイドをしながら大分を案内する取組みを提案します。

・由布高等学校(2年)「犬の殺処分0」

犬の殺処分の現状を知り、何とかしたいと考え、G8の活動に参加しました。

今回この課題に取り組むなかで、殺処分となる犬を減らすためには、飼い主が犬を捨てる動機となってしまっている「犬の問題行動」についての理解が重要だと気付きました。そこで、おおいた動物愛護センターを訪問し現場の方々の意見も取り入れながら、問題行動をする犬の気持ちがわかるクイズ形式のカードゲームを作成しました。このカードゲームを使ってもらうことで、犬の殺処分0に繋がるひとつのきっかけとなることを願っています。

他のG8発表者のテーマ、詳細はこちら>https://oita-g8.jp/

※G8サイトトップページ下部にG8発表者の資料と発表動画を掲載しています。